家計管理

【楽天証券の積立NISA】のクレジット払い以上にポイントを稼ぐ方法

お金

 

このブログでは新婚夫婦のお金の整え方について紹介しています。

これからの時代夫婦共働きでいくのか、奨学金はどうするのか、子供の教育費はどうするのかなど新婚夫婦は考えるべきお金の問題がたくさんあります。

もちろん私もその一人です。一緒に新婚家計の管理の仕方やお得に生活する方法などをしっかり学んで将来のお金に対する不安を取り除いて毎日楽しく過ごしましょう(*’▽’)

先日楽天証券の積立NISAについて記事を書きました。

積立NISAを始めるなら【楽天証券】でポイントザクザク還元の恩恵を受けよう このブログでは新婚夫婦のお金の整え方について紹介しています。 これからの時代夫婦共働きでいくのか、奨学金はどうするのか、子...

この記事内でも少し触れていますが楽天証券ではクレジットカード払いが選べます。

クレジット支払いができると投資金額の1%のポイント還元が受けれますが人によってはそれ以上ポイントをGETできるのでその方法をご紹介します。(今回の説明は積立NISAについてです)

クレジット払いのポイント還元は積立NISAの月の投資上限が3万3千円なので

3万3千円の1%=330円のポイントがもらえます。

これだけでもすごいことです。投資はいい成績だとしても5%の運用利益と言われているのですでに楽天で始めるだけで1%の投資利益がもらえるようなものなのです。

でもじつはタイトルにもある通りやりようによってはこれ以上にポイントをGETできる方法があります。

ポイントを賢くGETして日々の生活に潤いをもたらしましょう♪

楽天証券の毎日積立とは?

棒グラフ

楽天証券の積立NISAは「毎日積立」と「毎月積立」を選ぶことができます。

毎日積立…証券口座が開いている日に毎日積立る

毎月積立…月に1回決まった日に積み立てる

どちらを選んでもいいのですが「毎日積立」に設定をするとポイントがザクザクと貯まる方法があるのでご紹介します。

楽天証券の「毎日積立」を選んだ場合お金の入出金は証券口座からになります。

これを楽天銀行と結び付けて(マネーブリッジ)楽天銀行を通しての入出金にするとその取引ごとに1ポイントのポイントが還元されます。

楽天銀行と結び付けるにはマネーブリッジの登録が必要ですが2,3分でできます。

積立NISAの1つの銘柄の買い付けで1ポイントつくのでそれが毎日積立となるとそのたびに1ポイント発生します。

ファンドのお休みがあるので1カ月を22営業日だとすると

ポイント×22営業日=22ポイント

がもらえる計算です。この1回のとり引き1ポイントを3ポイントに引き上げる方法が楽天にはあります。

しかもとーっても簡単に3倍になります。どうせならポイント3倍GETしちゃいましょう♪

毎日積立でつくポイント

3倍にする方法はとても簡単で2ステップでできます。

  1. 楽天銀行の「ハッピープログラム」に登録
  2. 楽天銀行のランクをVIP以上にする

以上の2つをクリアできれば毎日積立のポイントが通常1ポイントから3ポイントになります。

詳しく見ていきましょう。

まず大前提として「楽天証券」と「楽天銀行」の開設が必要です。これもネットから開設の手続きができます。

そしてその後に楽天証券と楽天銀行を【マネーブリッジ】で連携させます。

マネーブリッジの連携が終わったらいよいよ

①ハッピープログラムの登録です。

これは楽天銀行のプログラムで楽天スーパーポイントが貯まったり、手数料の優遇があったりするのでエントリー必須のプログラムです。

ハッピープログラムのエントリーが終わったら次のステップ

②楽天銀行のランクをVIP以上にする

楽天銀行にはその取引回数や預金残高などに応じて5段階にランクわけされています。

ベーシック→アドバンス→プレミアム→VIPスーパーVIP

このランクが赤字にしたVIPかスーパーVIPになればポイントが3倍になります。

楽天銀行

ではどうすればVIP以上になれる?ということですが方法は2つ。

  1. 楽天銀行の預金残高100万円以上
  2. 楽天銀行の取引20件以上

この2つのうちどちらかをクリアすればOKです。

100万円預けれる人はそれだけでもうVIP以上になる条件をクリアしてます。楽天銀行は金利が高いのでメインバンクとして使うのもありです。

マネーブリッジ(楽天証券と楽天銀行を結びつける)を申し込むとなんと普通の大手銀行の100倍の金利をつけてくれます。0.1%(税引き前)の金利です。税引き後は0.079%

意識したことなかったですが普通の地方銀行の場合金利は0.01%なんですね。。どうりで低金利と叫ばれるわけだ。

仮に300万円を楽天銀行に預けていた場合1年間で2,370円(税引き後)の利息がつきます。マネーブリッジは申し込み無料ですし2分前後の簡単な設定で済むので楽天証券で積立NISAを始める人はぜひ申し込みましょう。

 

100万円預けるのは難しいよという人は取引回数20回を目指しましょう。

これも楽天積立NISAであれば無理なくクリアできます。積立NISAは毎日取引があると1番初めに書きましたがこの取引を1回とカウントしてくれます。なので毎日積立を選択すればそれだけで取引回数20回は超えてくるでしょう。

リスク分散のためにおそらく皆さん何銘柄か購入されると思います。

例えば4つの商品に毎日投資すると1日に4回取引が行われるとカウントされます。

なので1カ月に22営業あったとすると(土日はお休み)4回×22日=88回の取引があったということになります。

なので複数銘柄を毎日積立て行く場合は必然的に取引回数が多くなるのでVIP以上になります。

なので毎日積立を設定するとポイント3倍の道は険しくありません♪

次はクレジットカード払いのポイントについて考えていきましょう。

楽天証券のクレジット決済とは?

クレジットカード

楽天証券では2018年10月27日より積立NISAのクレジット支払いが可能になります。

しかも1%のポイント還元があるのです。投資はいい成績だとして5%の利益といわれているので1%の利益がすでにか確定しているというのは非常にありがたいですよね。

それでは積立NISAで1カ月につくポイントを見ていきましょう。

クレジット決済でつくポイント

積立NISAは上限額が1年間に40万円ときめられています。

なので1月に大体3万3千円の積立ができる計算です。

3万3千円投資したと仮定するとつくポイントは1%なので330円です。

年間で計算すると40万円投資したとすると4千円のポイント還元が受けられます。

それでは毎日積立でポイントをもらった場合とクレジット支払いでポイントをもらった場合のどちらがより多くのポイントをもらえるのか見ていきましょう。

毎日積立orクレジット決算どちらがポイントザクザクか?

指さし

クレジット払いの場合は1%の還元と決まっているので計算は楽です。

1万円の投資で100円のポイントがもらえる計算ですね。

毎日積立の場合は何銘柄に投資するかによってもらえるポイントがばらばらです。

ここでは楽天銀行のハッピープログラムのランクがVIP以上で1回の取引で3ポイントもらえるという条件で計算していきます。

営業日はファンドのお休みを考慮してざっくり22日で計算します。

4銘柄に投資する場合

4銘柄×22日×3ポイント=264ポイント

5銘柄に投資する場合

5銘柄×22日×3ポイント=330ポイント

6銘柄に投資する場合

6銘柄×22日×3ポイント=396ポイント

という計算になるので5銘柄以上に投資をする場合はクレジット払いではなく毎日積立の方がポイントをもらえる可能性が高くなる計算です。

そして楽天証券では100円から投資が可能です。

クレジット払いの場合は払った金額に対して1%還元なので330円のポイントをもらおうとおもったら3万3千円の投資が必要になりますが毎日積立の場合は取引回数にポイントがつくので330円のポイントをもらうためには110回の取引をすればいいということになります。(330ポイント÷3ポイント=110回)1回の取引で3ポイントもらえるので。

110回の取引は銘柄数が多くなればなるだけ簡単にクリアできますよね。

仮に6銘柄に毎日100えんずつ積立をして営業日を22日で計算すると

6銘柄×100円×22日=1万3千2百円のつみたて額で396ポイントがもらえる計算です。

銘柄数が多くなればなるだけ毎日積立でもらえるポイントは多くなることがわかると思います。

まとめ

女性

私は普段の生活はクレジットカード払いが多いですが今回の積立NISAに関しては6銘柄を毎日積立ですることを選びました。すこしでも多くポイントが欲しいですし。

楽天証券ではポイント投資もできるのでそこでもらえたポイントをつかってまた投資しようと思います。これで無駄なくポイントを使うことができます。

注意事項としてはポイント投資の場合はポイントの還元がないこと。

ファンドの営業日数に応じてはポイントのもらえる計算日数が違ってくることです。

私もまだまだ投資は始めたばかりですがすでにちょっとはまっています。

投資をすることによって将来のための積立が勝手に出来上がっていくので貯金癖のない人、将来にお金の不安がある人などは初めて見るといいかもしれません。

投資を始めるのが不安という人誰だって初めは初心者です。でも始めないことにはいまの生活は変わることはありません。将来の不安を取り除きたかったり現状を変えたければ行動するのが1番です。

スタートは皆一緒です。誰もがみんな初心者だったので勉強が必要です。一生懸命勉強して行動を起こした人に道は開かれます。

 

私は自分の子供の教育資金のために積立NISAを選びました。普段何気なく生活していると使ってしまうお金を勝手に積み立ててくれるのでありがたい制度だと思ってます。

今日のブログが皆さんの楽しい投資生活の助けになれば幸いです。

積立NISAを始めるなら【楽天証券】でポイントザクザク還元の恩恵を受けよう このブログでは新婚夫婦のお金の整え方について紹介しています。 これからの時代夫婦共働きでいくのか、奨学金はどうするのか、子...