最近話題のトピックス

台風21号905hpaとは。どれぐらいやばいの?hpaとはどういう意味か。

台風

非常に勢力の強い台風21号が発生しています。
【非常に強い台風】【猛烈な台風】という単語を耳にしますがこの言葉によって台風の強さを表していること知っていますか?

ちなみに今回発生している台風21号は本日(31日中に)猛烈な台風に昇格見込み!

これがどのくらい勢いのあるものなのか一緒に見ていきましょう。

今年は異常に台風が多いですね。私は沖縄出身なのでよく台風に遭遇しますが今年の台風は進路も珍しくて普段は台風と縁のない地域にも上陸しますね。

注意や準備が必要です。

台風の時は必ずベランダや庭に置いてある飛びそうな物を家の中に入れるようにして下さい。

植木鉢や自転車などは風によって容易に飛んでいきます。それが窓にあたって窓ガラスが割れたり直接人に当たったりして怪我のもとになることがあるので大変危険です。

台風の強さを表す指標

台風の強さを表すのは風速で表します。風として空気の移動する速さです。1秒間あたり何メートル進むのかですね。

中心付近の最大風速 台風の強さを表す用語
33m/s~44m/s 強い台風
44m/s~54m/s 非常に強い台風
54m/s以上 猛烈な台風
59m/s以上 スーパー台風

ここでよく目にする単語がでてきましたが強さの段階は

強い台風→非常に強い台風→猛烈な台風→スーパー台風

の順に勢力をまします。ちなみに今回の台風21号は中心付近の最大瞬間風速も80m/s(時速288km)

ものすごくふきあれてますね。

時速288㎞って( ;∀;)台風の勢いのすごさがうかがわれます。

905hpa。そもそもhpaとはなんなのか?

ヘクトパスカル(hPa)とは気圧の単位をを表します。

気圧とは大気の圧力で、気圧の変化は天気に影響を与えます。高気圧・低気圧とよくニュースで目にしますよね。

大気の圧力とはなんなのか?わかりやすく説明します。

気圧は高いところから低いところに流れ込みます。

例をあげるとすると、ある大きさの箱を想像してみてください、その中に空気が1000あれば1000hpa、905あれば905hpaとします。箱の中に空気がパンパンに1000つまっているところの近くに905のスカスカした部分が近づいてきたら1000ある所から空気が流れてきます。

これがいわゆる風をおこします。

なので気圧に差がある方が風の勢いが増すわけですね。

つまり台風の中心気圧の数字が低いほど台風の勢いが強くなります。

だけど抽象的でやっぱりどれほどの勢いなのかはわからないですね。

今回の台風と似た勢力の台風が以前日本に襲来してたのでそちらで見ていきましょう

台風21号は伊勢湾台風と同じぐらいの勢力

みなさん伊勢湾台風をご存知でしょうか?

ちなみに私はまだうまれていなかったので記憶にないですが記事を読むかぎりすさまじい勢いであったことが容易に想像できます。

伊勢湾台風は昭和34年の台風第15号
紀伊半島から東海地方を中心とし、ほぼ全国にわたって甚大な被害を及ぼした台風です。

伊勢湾沿岸の愛知県・三重県の被害が特に甚大であり、「伊勢湾台風」と呼ばれています。

この時の台風は日本に上陸した時点での気圧は930hpa

最大風速84.9m/s

人的被害は、紀伊半島の和歌山県、奈良県、伊勢湾沿岸の三重県、愛知県、日本アルプス寄りの岐阜県を中心に犠牲者5,098人(死者4,697人・行方不明者401人)・負傷者38,921人 参照wikipediaより

被害の影響をみるだけでもどれほどすごかったのかがわかります。

今回の台風も勢いが衰えず日本に上陸したのならかなりの被害が出そうです。

まずは地域の災害情報にしっかりしたがって早めの避難と安全確保を!

引き続き台風情報にご注意ください。

 

Twitterがいち早く災害情報入手できます。

簡易トイレの作り方
災害時に役立つ簡易トイレの作り方や携帯の充電を長持ちさせる方法など みなさんこんにちは田中あこです。 本日北海道で震度5弱の地震がありました。北海道に住むみなさん大丈夫でしょうか。 災...