兼業主婦

兼業主婦が家事を軽やかにこなす方法、全て一人で背負いこまないで!

女性

イクメンという言葉がはやりだし最近は男性の家事育児の割合も増えてきているように感じますが実際家庭を担っているにはまだまだ女性の方が多いですよね。

「私も仕事しているのに家事の割合が私の方が断然多い!」

「家に帰ってきて子供の面倒は何から何まで私が見てる。お風呂ぐらい入れて欲しい!」

こういったお悩みをワーママからはよく聞きます。

家には大人が2人はいるはずなのに家事育児をしているのはあなた1人ということになっていませんか?

ただでさえ仕事で疲れているのに家でもさらに疲れることになってしまいますよね。

本文ではこんなお悩みを解決する方法も書いています。

仕事も家事も育児もどれもあきらめない最高のワーママライフを共に目指しましょう!!

家事は全て自分でする必要はない

疲れた女性皆さんは仕事から帰ってきてどんな1日をすごしますか?

仕事から帰ってきたら息つく暇もなく

・夕食の準備

・洗濯

・風呂洗い

・子供に夕飯を食べさせお風呂に入れる

・皿洗い

・寝かしつけ

などの工程をこなしているかたが多いと思います。ご主人は帰ってきていたとしても何も手伝わずに一人のんびりあなたの作った夕飯をテレビを見ながら食べているかもしれませんね。

そうなると「なんで私ばっかり!」という気持ちが当然わいてきます。

家事や育児がしたくないわけではなく一人でしたくないんです。

皆で過ごす家だから皆で保っていきたいですもんね。

そこでなんだか一人で家事も育児もするのが当たり前のようになっているのを家族皆で協力できる体制に変えていきましょう!

頼れるところは最新家電に頼ろう!

自分一人で掃除、洗濯、料理と担当していると大変ですよね時間がいくらあっても足りません。

私も家事は嫌いではなかったのですが私の負担が多すぎて

「なんで私ばかり!あなたもやってよ!食事は私が作ったんだから皿洗いはあなたの担当でしょ!」

と家事の押し付け合いのようなこともよくしていました。

けれど私も、主人も皿洗いがどうしても好きになれなかったんです。どちらも嫌々でやらずシンクには洗い物がたまったままということもよくありました。(お恥ずかしい)

そこで食洗器の導入を検討し始めました。当時は夫婦2人暮らしだったので

「食洗器とか贅沢品なんじゃないのか?7万円もするなら我慢して手で洗っていたほうがいいのではないか?」

という思いがあって欲しい欲しいと思いつつもあと一歩が踏み出せませんでした。

だけど色んな人に話を聞いたり自分で調べたりして

「食洗器は贅沢品なんかじゃない、生活に潤いをもたらしてくれる画期的なアイテムだ!」という思いにいたり購入しました。

食洗器がきてからというもの本当にぐっと生活の質があがりました!!

お皿を洗う時間に別の家事をすることができたり、お風呂にゆっくり入ったりできるようになったのです。

食洗器はただお皿を洗う道具ではなく時間を生み出してくれる道具ですよ!!

なんでもっと早く買わなかったのかと思ったほどです。

7万円を出して兼業主婦が1番欲しい時間を得ることができたのです。

お皿はもう機械に洗ってもらうことになってからは皿洗いのお押し付け合いもなくなったし、主人も食洗器に自らお皿をいれてボタンを押してくれるところまでしてくれるようになりました。

今までイライラしながら「なんで私ばっかりお皿洗いしてるの」という負の感情ともおさらばすることができたのです。

もしあなたが時間が欲しい毎日忙しすぎると思っているならぜひ食洗器を導入して時間を得てください。

その便利さに1度使うと手放せなくなると思います。

 

 

他にも乾燥機付きの洗濯機で洗濯ものを干す時間を短縮するとか、ルンバのような自動掃除機を導入して掃除機をかける時間を短縮するなどの方法もあります。

もしかしたらこれらの家電の導入を検討する際に贅沢だ、もったいないなどの気持ちがでてきたりするかもしれませんが決して贅沢なことなどではないです。

これらの家電があるだけであなた自身に余裕がうまれて家族に優しくできたり、家事の押し付け合いで疲弊することもなくなります。

これらの家電には生活を著しく向上させる力があります。しかも一時的にではなく一度購入すると壊れるまで文句も言わずに家族のために尽くしてくれます。

本当にこの時代にうまれてきてよかったなと思います。

旦那さんに家事や育児を負担してもらう

兼業主婦の皆さんは家事に育児に奮闘していると思いますが旦那さんはどうでしょうか?

本当はもっと積極的に家事や育児に参加して欲しいと心のどこかでは思いつつ諦めてしまっている人もいるかもしれませんね。

家事を旦那さんにもして欲しいと思った時に相手を動かすちょっとしたコツがあります。

相手にYESと言わせるこつです。

例えばあなたが旦那さんにお風呂掃除をして欲しいと思った時に

「いつも私がしてるんだから今日ぐらいしてくれる?」

という言い方をしてしまうとNGです。これが本心だとしてもそこはぐっとこらえて下さい。

旦那さんも人間なのでなんだその言い方は?とムッとしてしまうかもしれません。そうなると意地になってしまって誰が言うことなんか聞くか!という風になる可能性があります。

男の人は家事をしたくないというよりかはする必要がないと感じている人も実は多いです。

なので頼み方によっては案外スムーズにしてくれる場合も多いのでせひ一人で抱え込まずに家族を巻き込んで家事をしていきましょう。

頼み方のコツとしては相手に選択権を譲ってあげるといいです。

「風呂掃除をして」→これだと選択権がないですよね

「風呂掃除をするか、夕飯を食べた後の机を綺麗にするかどちらか手伝ってくれる?」
→このように選択肢を出してあげて相手に選ばせてあげるとぐっと家事をしてくれる可能性が高くなります。

この方法にプラスして「一緒にやろうよ」方式も有効です。

ねーねー、一緒に洗濯物たたもうよ!

のように人はめんどくさいことというには一人でするよりも誰かと一緒にやりたいという思いが強いのでこの方法も有効ですよ。

ぜひ頭ごなしにあんたもやってよという態度ではなく一緒にしようという風に誘ってみてくださいね。

まとめ

毎日家庭のこと、仕事のことに追われていっぱいいっぱいになる気持ち私にもよくわかります。

だからこそ家庭の仕事をなるべく減らして自分の時間を持つことにより心の平穏を取り戻してほしいと思います。

忙しすぎると余裕もなくなるので人に優しくしたくてもできなかったり、そういう自分にもたイライラしたりの悪循環がうまれるのでまずは自分を満たしてあげる時間を確保することが重要です。

家電なんて高価な物簡単に買えないよと思うかもしれませんが家電を買うというよりは時間を買うイメージの方がしっくりくるぐらい、便利家電は私達に自由な時間を与えてくれま

旦那さんも頼み方一つで家事を手伝ってくれるようになったならしめたもんです。

ぜひ選択肢を与えてあげて下さいね。