家計管理

【新婚家庭の家計簿】目標貯金額の設定方法を家族構成別にご紹介

貯金割合

このブログでは新婚夫婦のお金の整え方について紹介しています。

これからの時代夫婦共働きでいくのか、奨学金はどうするのか、子供の教育費はどうするのかなど新婚夫婦は考えるべきお金の問題がたくさんあります。

もちろん私もその一人です。一緒に新婚家計の管理の仕方やお得に生活する方法などをしっかり学んで将来のお金に対する不安を取り除いて毎日楽しく過ごしましょう(*’▽’)

今日は新婚家庭は目標貯金額をどのぐらいに設定すればいいの?というのをご紹介します。

おそらくこのブログを読んでくれている人は夫婦2人暮らしか、小さいお子さん1~2人いる家庭の方が多いと思うのでそういう家族構成の人たちの目標貯金額ってどのぐらいがいいのかについて書きます。

結婚したばかりだったり、お子さんが産まれたばかりの頃って色々出費がかさむ時期ですよね。

我が家の家計はこのままで大丈夫?と家計管理を任されている奥さんが不安に思う気持ちすごくよくわかります。

人生の貯め期は3回訪れます。

  1. 「独身時代」
  2. 「夫婦2人暮らし~子供が小さい時代」
  3. 「子供が巣立ってから」

この時期にためれるかどうかで子供の教育資金や自分たちの老後資金に差が出てきます。

お金の管理は誰もがはじめは初心者です。一緒に勉強をしてお金の不安がなくなるようにしっかり家計管理していきましょう(*’▽’)

家族構成別の貯蓄割合の理想

出典:お金の総合サイト

理想的な貯金額(夫婦2人の場合)

結婚したばかりの夫婦2人の場合の理想の貯金額は

家計簿

出典:お金の総合サイト

「3000円投資生活」で有名なFPの横山光昭先生によるとこの図が夫婦3人の理想の家計バランスです。

この表によると月の手取りの20%が理想の貯金額ということになります。

20%というのは1/5です。自分の手取り額を5で割った金額を貯金ですよ皆さん!

生涯においてお金のため時というのが3回あるのですが夫婦2人の生活は今まさにその時期です。

今貯めずにいつ貯める!!今が頑張り時です!!

私も戻れるならこの時期に戻りたい!私の家の場合は私がバリバリ働いている頃主人はまだ大学院生で彼が卒業したころにちょうど私の出産があったので2人共正社員でしっかりと稼いでいた時期がないのです。

貯め時を逃した感満載ですがこれはもうしょうがない( ;∀;)

夫婦2人で働いていて子供もいない場合というのは1番お金が貯めやすい時期です。(当てはまる人達今ですよ今!)

しかしお互いが働いているという安心感からか出費もとてもかさみやすいのです。

どうですか?夫婦2人と手取り額の20%を貯金に回せているでしょうか?

お互いがお金の管理をしあっていてどちらも全く貯めていなかったというケースもあるので夫婦2人のお金をオープンにするのが大事です。

もし今後子供ができて女性側が働けなくなった場合のダメージが大きいようならしっかりと女性が復帰するまでの期間を生活できるだけの貯金が必要です。

産休・育休がもらたとしてもお給料の約半分がもらえるイメージです。産休・育休に入らずに退職した場合は女性側のお給料は0になるので旦那さんのお給料と貯金でしばらくは生活をすることになるのでしっかりイメージしてみて下さい。

理想的な貯金額(夫婦2人と子供が小さい場合)

貯金割合

この目標金額をいいようです。収入の範囲内で生活し尚且つそのうちの何%かは貯金に回すのがいいですね。

ちなみにこの「子供が小さい時期」というのも人生において貯め期が3回ありますがそのうちの1つに当てはまります。

お子さんが小さくて奥さんが働けないうちは旦那さんのお給料で生活して奥さんが働けるようになったら少しづつでいいので貯金率を上げていくといいですね。

子供の教育費・養育費というのは思ったよりもかかるものです。

だけどしっかりと計算して逆算してみて月にどのくらい貯めていけばいいのかがわかればこわくないです!やみくもに貯めて不安になるよりも月にこのぐらい貯めれていたら大丈夫という気持ちのほうが何倍も生活を楽しめます。

子供にかかる基本的経費は年齢があがるごとに変化します。

子供が3~5歳の時には生活費は30万円以下なのに対し、18~21歳の場合は35万円以上と月5万円以上もUPします。

なのでお金のかからない時期に貯めれるだけ貯めるというのが大事ですね。

我が家も保育園~高校までは家庭費用から教育費を捻出して大学だけは別で準備するつもりです。

大学費用はいくら準備すればいいか

教育費の考え方はファイナンシャルプランナー(お金のプロ)の花輪陽子先生によると高校までの学費や教育費は毎月の家計支出から出して大学は別で準備するのがいいようです。

高校を卒業するときまでに大学に必要な費用の半分(約300万円)の準備ができていたらいいそうです。

これは月1万5千円を17年間貯めていたら達成できます。

これとは別に児童手当をもらうたびに別口座にしっかり貯めていてあげると200万円たまるので合わせて500万円はためられそうですね。

お給料から別口座にうつすのがポイントです。そうでもしないと人間というのはあればあるだけ使ってしまう性質があるようです(パーキンソンの法則)

大学費用というのは奨学金を借りれば正直なんとでもなるとおもいます。実際私も1000万円以上借りて卒業しました。

だけどやっぱり親の援助があったらと何回涙したことかわかりません。大学を卒業するだけでこれだけの借金があることけっこう辛いものです。

できるだけ自分の子供には奨学金なしで大学まで出してあげたいので赤ちゃんである今の時期や小さいうちはおもちゃや服などにお金をかけ過ぎないようにしています。

第1子なので本当は洋服とか買いまくりたい衝動をグっとこらえて(笑)

実際に自分の意志が出てきた時に好きな選択肢が選べるような環境を整えてあげたいなとおもいます。

教育費をためるために私は積立NISAを始めました。もちろん投資なのでマイナスになる可能性もありますが比較的安全に運用できる投資信託のみです。

それに月々勝手に積み立ててくれるので先取り貯金のような感覚で強制力もあるのでおすすめです。

楽天証券では100円から投資もできるしポイントもザクザクたまるので現金のみの運用ではなくポイント運用もしています。今まで使い道のなかったポイントで運用できるので私にはとてもあっているなと感じます。

積立NISA興味あるけどまだ手を出していないという人良ければこの記事を読んでみて下さい。投資なんて自分にはできないと思っていた私でも簡単に始めることができました。

将来の不安を嘆くよりも具体的な行動を一緒にとって行きましょう♪ほったらかしで貯めていってくれるので本当にありがたいですよ(*’▽’)

積立NISAを始めるなら【楽天証券】でポイントザクザク還元の恩恵を受けよう このブログでは新婚夫婦のお金の整え方について紹介しています。 これからの時代夫婦共働きでいくのか、奨学金はどうするのか、子...

雑誌が大好きで毎月購入するのがやめられないという人に楽天マガジンもお勧めです。200冊以上の雑誌が月々380円で読み放題!!

1年契約にするとなんと月300円です。

この金額ならお小遣いの範囲で楽しめますよね。

しかも200冊が読み放題です。雑誌って普通に買ったら500円前後すると思うのでとてもお得です。

私も契約しているのですがお風呂でのんびり半身浴をしながら携帯で雑誌読んでます。

月に1冊でも買う人はお得だと思うのでぜひ見てみて下さい。
初回の31日間は無料でお試しできるので気になる方は試してみてくださいね。

楽天のポイント払いにも対応しているのでポイント消費に困っている人やポイントを有効活用したい人もにてにてください。

楽天ポイントがよく貯まるひとであれば実質無料で読むこともできますよ。

私は入院中にも重宝しました。利用してみた詳しい感想や内容をかいているのでこちらも参考にしてみて下さい。

考える子供
入院中は正直暇です【楽天マガジン】で雑誌読み放題!ひよこクラブもあるよ皆さんこんにちは田中あこです。 今回私は帝王切開で一週間近く入院していたのですが正直結構暇でした。 赤ちゃんは新生児室で預か...