妊娠期~子育て期

farska(ファルスカ)のスクロールチェアは本当にお得なのか比較検討

スクロールチェア

皆さんこんにちは現在0歳児育児中の田中です

私はfarska(ファルスカ)のスクロールチェアを購入しているのですがこのチェアはお値段がなかなかするので

購入を迷ってこのブログにたどり着いた方も多いのではないでしょうか?

「せっかく購入したのに使わなかったらどうしよう?」

「実際に使っている人の生の声を聞きたい」という人の為に今日は詳しくレポを書いていきます。

実際に私が購入した育児グッズを★で表すならこんな感じです

哺乳瓶 

抱っこ紐 

ベビーカー 

ぷーさんの回るメリー 

そして今回取り上げるファルスカスクロールチェアは

★3つになった理由を今から詳しく見ていきましょう

ファルスカのスクロールチェア購入のきっかけ

こちらのチェアは本本体がだいたい2万5千円

それに付属のクッションが3千円、トレーが3千円ほどかかるのでだいたい全部で3万円ほどかかります。

このスクロールチェアの1番のうりが幼少期~大人まで使えるという物なのでほとんどの方が新生児の頃~大人まで使うと考えて購入に至るのではないでしょうか?

スクロールチェア

もちろん私もその一人です。

3万円もする物を買うのだから使い倒すつもりで購入を決意しました。

長く使えるし見た目もこの通りおしゃれだし我が家のインテリアに馴染むだろうと思って購入にいたりました。

あとは楽天のポイントも貯まっていたのでそれも大きかったです。

赤ちゃんの成長とともに一緒に成長する椅子とか素敵じゃん♡と思っていたのです。

実際に必要性はあったのか?

わたしは赤ちゃんが産まれるまでは赤ちゃんはリビングにいる間はベビーベッドやバウンサーの上にいるものだと思っていましたが

実際産まれてみたらリビングのラグの上にタオルなどをひいて寝かせたりソファーの上に寝かせたりすることが断然多かったです。

ファルスカのロッキングチェアに寝かせていたのは初めの1カ月~2カ月の頃ぐらいです。

バウンサー

それ以降は抱っこじゃないと寝なかったりこのチェアに置かれること自体を嫌がって泣いたりしたのでこのチェアでは寝ることはなくなりました。

私はここで寝かせる目的でこれを購入したのですが寝ることはほとんどなかったので

本当に必要があったかと言われるとこのロッキングチェアの状態の時は必要はなかったと思います。

ユラユラすることによって安眠効果があるかと思っていましたがやっぱり人間の腕の中が1番のようです。

寝かせることを目的とするなら自動スイング機能のあるネムリラのような物の方が良いでしょう。

しかしですね子供の筋力がついてくる3カ月頃からこれにのせると自分で揺らせることに気づいて本当に楽しそうに遊ぶようになったんです。

当初は寝かせることを目的として購入したのでうまく寝てくれなかったのでがっかりしたのですが本当に楽しそうに遊ぶ息子を見て

あぁ、買って良かったなと思えるようになりました。

これで遊ぶことも拒否されたら本当に悲しかったですが(笑)

私達夫婦がご飯を食べている時もここに寝かせると食卓と近くなるのでご機嫌で座っていることもありました。もちろん機嫌が悪い時は座ってくれませんが(笑)

ロッキングチェアの必要性があったかと言われたらなくてもよかったけどあると息子が楽しく遊ぶ可愛い姿が見れた。という感じです。

スクロールチェア

息子が6カ月に入りそろそろ離乳食を始めるので「ロッキングチェア」の状態からバージョンアップして「ベビーチェア」にする時にはこの椅子で楽しそうに遊ぶ息子をもう見られないのかと思うと少し寂しかったです。

ロッキングチェアからベビーチェアへ

生後6カ月すぎの頃にベビーチェアに変形させました。

スクロールチェア

ファルスカの説明書は残念ながらかなり雑な作りなのでとても分かりにくかったです。

どうにかこうにか主人と2人がかりで変形させ終わりました。

良い感じです。

我が家のインテリアにもよくなじみます。

スクロールチェア

ロッキングチェアの状態の時よりも幅が狭くなるので邪魔になりません。

我が家は1LDKと狭いためにソファーにダイニングテーブルを付けているのでダイニングテーブルが一般的な高さのものよりもかなり低めです。

高さの目安は大体こんな感じです。

ダイニング

そのためダイニングチェアとベビーチェアと高さが合わなかったです。

生後6カ月の我が子が座るとこんな感じです。

スクロールチェア

まだ腰がしっかりと座ってないので安定感がなく傾きます。

生後7カ月ごろから使えそうな気がします。

また成長して座れるようになったら追記します。

ファルスカのスクロールチェアは実際にお得なのか?

このチェアを購入するにあたりその値段分の価値があるのかも気になると思うので計算してみました。

このチェアが担う役割として

・バウンサーのような赤ちゃんの居場所

・バンボのように離乳食を食べる場所

・キッズ~ジュニア頃までのいす

があげられると思うのでそれぞれの役割のある物と値段を比較検討していきましょう。

まずはバウンサーやオートスイング機能のあるハイローチェアのような物は

安くて5千円~高くて2万円ほど

 

 

次に子供の離乳食が始まる頃に使うバンボのような椅子とテーブルのセットを購入すると考えた場合

3千円~1万円ほど

 

そして1歳ごろから使うであろうキッズチェアはだいたい5千円~1万円前後のようです。

 

 

以上のような値段でした。

バウンサー~キッズチェアまでを全てお値段抑え気味にいくなら1万3千円ほど

お値段高めにそろえるなら4万円程ですね。

ファルスカのスクロールチェアは離乳食用のトレーやバウンサーに使うクッションを合わせるとだいたい3万円で購入できるのでちょうど中間という感じですね。

お値段を抑えたいというのであればバウンサーからキッズチェアまで個別でそろえたほうが安くつきそうです。

またいい機能の物をそろえたいという方も全て個別でそろえる方があっていると思います。

ファルスカのスクロールチェアは1つの物を長く使いたい方やこの家具とともに成長する子供の姿を楽しみたい人に向いているかと思います。

バウンサーの時にはオートスイング機能はついていないので自分の手や足でゆらしてあげる必要があるし

ベビーチェアにした時は腰がしっかりと座らないとまだ安定しない感じがありますがそれでも長く自分の子供と歩んでくれる家具を選んでよかったなと思います。

1つ1つの機能は探せばやはりもっといいものがあると思います。

なのでご家庭によって何を優先するかによってこのチェアの満足度がかわるかなと思います。

今の所我が家ではの評価です。

ただこれから息子とともに形を変えながら成長していくであろうこのスクロールチェアに愛着がわいてきたらまた評価も変わってくるかもしれません。

その時はまた追記していきます。

少しでも皆さんの購入の参考になれば嬉しいです。