歯科関連

新卒の歯科衛生士だけど今の病院が辛い!辞めたい!転職したい!

歯科衛生士

みなさんこんにちは田中です。

私は長らく歯科医院に勤めていたママドクターです。

今は育休中ですが悩める歯科衛生士さんのためにできることはないだろうかとブログを書いています

今日は今の病院を辞めたい新人歯科衛生士さんにスポットをあてて記事を書きます。

皆さんは新人として入社して数カ月はたった頃でしょうか。

初めは覚えることも多くて大変だったと思いますが少しづつ慣れてきて

病院の待遇面や人間関係が気になりだしてきた頃かもしれませんね。

今の病院に不安や不満で転職を考えている人がこのブログにたどり着いていると思いますが

今日は転職に失敗しないための心得を皆さんにお伝えしたいと思います。

自分が新しい病院に求めていることを明確にする

今の病院に不安や不満があって転職を決意したわけなので

次の病院に求めることを明確にして病院探しをしないと転職先もまた同じような

待遇であった場合にせっかくの転職が無駄になってしまいます。

拘束時間の長さが嫌で転職したのに

次の転職先もまた同じような拘束時間の長さだったら悲しいですよね。

勤務時間が短い所がいいのか、滅菌に力を入れているところがいいのか、しっかり技術面のサポートがあるところがいいいのか

など自分が求めている歯科医院像がありますか?

ここをまずは明確にしてみましょう。

特に希望がないという人の為に私がここはしっかりとしている所がいいと思うのが

【滅菌に力をいれている病院】です。

最近では取り締まりがきびしくなってきたので滅菌に力を入れている病院も

増えてきたように思いますがまだまだ患者さんごとにタービンを交換していない病院も正直あると思います。

あなたの勤めている病院はどうでしょうか?

滅菌というのは経営者目線でいうととてもお金がかかる部分です。

滅菌するための時間・お金・器具代・人件費等がかかってくるからです。

そして患者さんからはわかりにくい部分なので手をぬこうと思えば抜ける。

だけどそこにしっかり力を入れている病院というのは院長の努力が見えるし

働く人自身を感染のリスクから守ってくれます。

もし次に新しい病院選びに迷ったら指標の一つにしてみてください。

滅菌に力を入れている病院というのはスタッフや患者さんに対する愛があるのです。

今の自分が何をできるのかを明確にする

今の病院に勤めてしばらくするとできることが増えてきますよね。

SRPはできるのか?

TEKを素早く作ることができるのか?

など技術面で次の病院にアピールできることはありますか?

またアピールできることがなくても大丈夫です。

次の病院を探している間に今自分ができないことが明確になっているので

その分野を磨く努力ができます。

またそれらが学べる環境にないのなら次の病院を探す時に

勉強したいので転職したいんですというアピールにつながります。

「勉強したいから転職したい」

という意志がはっきりしている人というのは面接する側も好感触です。

学ぶ意欲もみてとれるし、自分の病院を勉強できる場として認めてくれているんだなと感じるので。

そしてせっかく転職するのであればやはり学びの多い病院がいいです。

歯科衛生士というのは技術職なので腕を磨くにこしたことはありません。

院長やドクターのアシスタント業務ばかりの病院もあるは思いますが

もし次を探すならしっかり歯科衛生士として技術を学べて仕事を任せてもらえる病院を探しましょ。

歯科衛生士という職は歯科医院にとっては非常にありがたい存在です。

ドクターは忙しくなればなるだけ技工料も増えていきますが

歯科衛生士のお仕事(メンテナンス)というのは

技工料も必要なくてそれでいてメンテナンスで患者さんの健康も守ることができ

さらに病院にとっては利益を生んでくれる素晴らしい職種なのです。

ドクターが忙しくなるよりは衛生士が忙しい方が保険でいえば病院の利益を生みます。

なので技術があって一人でメンテナンス業務のできるような衛生士さんというのは

非常に需要が高いのです。

そういった技術は一生ものなのでぜひ技術の学べる病院を選んで転職を成功させてくださいね。

転職活動は思いたった時がはじめ時

皆さんは今転職をしようと思って当ブログにたどり着いたと思います。

・もっと待遇面のいい病院がいい

・もっと院長の優しい病院がいい

・もっと学べる病院がいい

など思うところは様々だと思います。

新人だけどもう転職をしてもいいのかな?

と正直悩む所ですよね。

基本的に3年は頑張って務めたほうが良いとよく言われています。

3年神話説ですね。

はっきりいってナンセンスです。

今の環境をよくするように頑張ってみたけどやっぱり病院にいくのが辛い。。

院長の威圧的な態度や人をばかにする態度に嫌気がさして話したくない。。

こういう悩みを抱えながら頑張っている人を正直たくさん見てきました。

院長とうまくいかないというのは辛いですよね。。

狭い病院なので逃げ場がないですもん。

話さないわけにはいかない環境それが歯科医院なんですよね。

そんな院長と話すことすら無理!

っていう状況で働き続けると身体が精神かのどちらかが悲鳴をあげてしまいます。

もしあなたが3年務めることができなくても採用してくれる病院というのは必ずあります。

だって今の歯医者はコンビニよりも多いですから。

そしてこの病院を辞めたい辛いんだというSOSを見逃さないことが大事です。

そのまま勤めていて何かいいことがありますか?

もしそうとうなストレスを抱えたまま無理し続けると鬱病になどなってしまう可能性もでてきますよ。

もしそうなると回復に2~3年ほどかかります。

ストレスから逃げるのは悪いことだという風潮がありますが

そんなのに耐えることの方が悪い風潮なのではと思います。

人間同士なので合う合わないがあるのは当然です。

もし院長と合わない、チーフと合わないと悩んでいても大丈夫です。

合う人達を探しに行きましょう!!

ストレス
院長のパワハラがすごすぎて辛い!歯科衛生士を辞めたくなっている人へ 歯科医院の院長のパワハラがひどくて今の医院を辞めたくなっているようですね。 私も歯科医師として長年勤務医を続けていますが院...

歯科衛生士の転職活動ってどうするの?

転職活動が初めてという人も多いと思うのですが一人でネットなどで転職するのはあまりお勧めできません。

内部事情がよく見えないですよね?

本当に求人票に書いてあることは正しいのか人間関係はどうなのか

きちんと自分の希望していることがなされている病院なのか

などなど内情が見えない状態で転職するのは心配です。

そこで歯科専門の転職サイトを利用してみましょう。

優良求人多数!歯科衛生士の就職、転職、再就職なら
【d.Style | ディースタイル】




d.styleでは歯科の転職専門のエージェントがあなたの希望を聞き出してくれて

希望に合った病院を探してきてくれます。

もちろん無料で利用できるので安心です。

一人で悩んで頑張るよりも誰かに背中を押してもらった方が一歩を踏み出しやすいものです。

転職というのは一人で求人を探してすることももちろんできるのですが

こういう転職サイトにしか掲載されていない非公開求人というのがあります。

そういうのも全て見たうえで次の転職先を決めた方がもちろんあなたの希望に合った

病院が見つけやすいです。

一人で悩んだりせずにぜひ一歩踏み出してみて下さいね。

相談してみてやっぱり今の病院でもう少し頑張ってみるというのももちろんありなので

登録だけしてみていろんな病院の求人情報見るのもいいですよね。

次があると思うと気持ちもだいぶはれるものです。

あなたの毎日から少しでもストレスが減ること願ってます。

\歯科衛生士の求人をのぞいてみる/



優良求人多数!歯科衛生士の就職、転職、再就職なら
【d.Style | ディースタイル】