歯科関連

院長のパワハラがすごすぎて辛い!歯科衛生士を辞めたくなっている人へ

ストレス

 

歯科医院の院長のパワハラがひどくて今の医院を辞めたくなっているようですね。

私も歯科医師として長年勤務医を続けていますが院長に裏に呼び出されて激しい口調で注意されることというのはよくありました。

今日はそんな私の体験も含めてパワハラ院長への対処法をお届けしようと思います。

歯科医院の院長はなぜパワハラが多いのか

ストレス

残念ながら歯科医院の院長というのはイライラしていて口調の強い人が多いです。

歯科界全体の課題であると思うのですが保険治療で稼ぐならたくさんの患者さんを診ないといけないので時間に追われていて余裕がない先生が多いものです。

余裕がないために残念ながら周囲のスタッフに気を使わない先生が増えるのです。

だからと言ってスタッフにあたりちらす先生のもとで我慢をするのは辛いですよね。

あなたはなぜ院長が大声を出したりしてあなたに接するかわかりますか?

これは何かの本で読んだのですが大きな声を出して威嚇してくるような人というのは相手をビビらせることによってコントロールしようとしているそうです。

つまりあなたの院長が大きな声を出して指導している時というのはただあなたをコントロールしようとしているだけなのです。

これがわかると例え大きな声で指導を受けたとしても心の中で

「この人は今大きな声を出すことによって私をコントロールしようとしてるのね」

と受け流せば大丈夫です。

私はこれを知ってから少し院長と対する時に心が楽になりました。

「この人はまた大きな声を出すことによって私をコントロールしようとしてる」と心の中でいつもつぶやいてます。

ただあなたをコントロールしたいだけなので安心してくださいね

大きな声というのはびっくりするものですし怖いですが

「あぁ、はいはいまた威嚇してビビらそうとしてるのねはいはいはいはい」とでも思っていたら大丈夫です。

そもそも何か気に入らないことがあったとしても大きな声で指導するなんてナンセンスです。

そういうことをするとスタッフの心が離れていくだけだということがわからないような先生はそもそもコミュニケーションの勉強不足なので気にしないようにしましょう。

もっとたくさんの先生がコミュニケーションやスタッフ教育の仕方を勉強してくれることを願いますが残念ながらそこまで手が回っている先生はまだまだ少ないように感じます。

まずは院長の興奮が収まるのを待とう

女性

何か院長がイライラするようなことがあった時に注意してくる時あなたはどんなと態度をとりますか?

露骨に嫌な顔をしていないでしょうか?

私も新人歯科医師の時期は院長の態度や話し方が受け入れられずに私は今不愉快な気持ちになっているというのを全面に出していました。

でもそういう態度を出せば出すほど相手の心に火をつけるようでよりしつこくなります。

特に激情型の院長な場合はこういった態度をとると

「おまえは本当に俺の言ったことを理解したのか?なんだその態度は」

という感じで火に油を注いでしまいます。

院長の言うことが色々矛盾していたり反論したくなる時もあるでしょう非常によくわかります。

そしてそれを態度にだしたくなる気持ちもよくわかります。

しかし私の経験上説教が長くなるだけで辛さが増すだけです。

まずは院長が言いたいことを全部吐き出させてあげて反論したいことがあるならそれから冷静に伝えるようにするのがいいと思います。

もちろんスタッフのいうことを受け入れることのできない院長も残念ながら多いのでそういう院長にはさっさと見切りをつけて自分が1番ストレスのたまらない方法をとりましょう。

院長と話さなくても働けるか?

院長と話すのがすごくストレスという人もいるでしょう。

特に大声で威圧してくるタイプの院長というのは普通に怖いしなるべくなら関わりあいたくないですよね。

あとはスタッフにをバカにしてねちねちと嫌味を言ってくるような先生も多いです。

しかし歯科医院というのは小さくまとまっている病院が多いので院長と完全にコミュニケーションをとらないというのはなかなか難しい環境ですよね。

もちろんともに働く仲間なのでコミュニケーションをとれたほうがいいのは皆わかっていると思いますが、話すのも辛い、今にも泣きそうというようなところまで追いつめられてしまっているのなら必要最小限の関わりを持って働くのでいと思います。

今ではLINEが発達しているので必要な相談であったりもLINEを使ってするのも一つの手です。

うちの病院でも院長に必要なことを確認する時にLINEを使うようになりました。

院長もその方が楽だしスタッフにとっても楽なのでこの方法に落ち着いています。

皆さんの病院でもこれができそうな環境であればぜひ実践してみて下さい。

コミュニケーションが文章になるだけでとっても楽なります。

院長が怖すぎて病院に行けない

悩む女性

院長が怖すぎてあるいは嫌すぎて朝起きると辛くて涙が出てくる。

こういう人もいるでしょう。

この状態になってしまうと本当に働くのが苦痛で苦痛で仕方がないですね。

しかし安心してください。

歯科医院というのは全国のコンビニより多いというのは皆さんよくご存じかと思います。

今の劣悪な環境で精神的に追い詰められる必要はなくて自分にあう環境の病院に転職をするという方法があります。

今の院長の元あと数年働いていて何か得るものはありますか?

怖くても勉強できる環境やお給料が良いなどなにかあなたにとってプラスがあって

「いや、まだまだ頑張れる!」

ということであれば応援しますがこのブログにたどり着いた人というのはもうかなり追いつめられた状況にあるのではないでしょうか?

私がこのブログを書いているのも歯科業界というのは残念ながら劣悪な環境で耐えている衛生士さんや助手さんが多いので少しでもその人達が働きやすい環境で働いて欲しいと思っているからです。

いくら院長だからと言ってスタッフのことをバカにしていいわけではないし、大声で脅すなんておかしいことです。

それに気づいて一生懸命スタッフとコミュニケーションをとり関係の修復を試みている院長であれば改善の余地はあると思いますがそうでなければあなたの病院の院長はこの先もおそらく今と変わらないような態度のままでしょう。

そんな環境で働き続けますか?

歯科衛生士というのはあなたが一生懸命頑張って学校に通ってとった資格です。

そしてたくさんの患者さんを救うことのできる本当に素晴らしい職業なのです。

院長のパワハラがひどくて歯科業界から離れてしまう人もいますがそうなる前にぜひその資格がいかせる新しい職場に転職してみて下さい。

全国に8万件も歯科医院というのはあります。

その中からあなたの条件に合った歯科医院というのが必ずみつかるはずなので安心してくださいね。

歯科衛生士の転職ってどうするの?

花

転職を経験したことがない人にとっては初めての経験だと思います。

ネットで【歯科衛生士 転職】で検索するとたくさんの求人が出てきます。

しかしここに出てくる情報というのはほんの一部だということをご存知でしょうか?

実は歯科には非公開求人といって求人をオープンにしていない所もたくさんあります。

この非公開求人にあなたが求めているような病院が隠れている可能性があるのでぜひ非公開求人まで検討することをお勧めします。

そして転職というのは一人でするよりも専任のエージェントの人についてもらって相談しながら行った方がいいです。

転職したい条件などをエージェントさんに伝えるとその人があなたの希望にあった歯科医院を探してきてくれます。

自分で求人票を見て転職すると「あれ?求人票にかいてあることと違った!!」ということにもなりかねません。

 

歯科医師が運営する求人サイト!歯科衛生士の就職、転職、再就職なら
【d.Style | ディースタイル】




d.Styleは歯科医師が運営する歯科専門の転職サイトです。

ここでは無料登録をした後に選任のエージェントがあなたの転職を支援してくれます。

1人で求人票を見て転職活動をするよりもこういった専門の転職サイトを活用して転職することをお勧めします

もちろん全て無料でしてくれるので安心してくださいね。

d.Styleでは歯科に関係する面白いコラムも連載しているのでそれをみるだけでも勉強になるし楽しいですよ。

私もよく見ています。

そして最後に伝えたいのですがあなたが安心して働ける環境というのは必ずあります。

体調や精神を病む前に転職してしまいましょう。

あなたが元気で気分よくいらること以上に大事なことなんて何もないのです。

そのことにしっかりと気づいてくださいね。

 

このブログをよんで1人でも気持ちが楽になってくれると嬉しいです。

 

早くあなたが落ち着いて働ける素敵な職場に出会えるように応援しています。

 

\転職活動について詳しく見る/